So-net無料ブログ作成

全裸キス写真流出!佐野ひなこ演じるミサミサの最大の見せ場「デスノート」 [芸能]


日本テレビ系連続ドラマ『デスノート』が

乱高下を繰り返している。


9日放送の第6話の平均視聴率は10.2%で、

自己ワースト8.2%を記録した前話から巻き返した。

とはいえ、不安は尽きない。


第6話では、ある意味「最大の見せ場」

といわれていた佐野ひなこ演じる

ミサミサの拷問シーンがあった。


「2ケタ台に視聴率が回復したのは、

人気グラドルである佐野のお色気監禁シーンを

期待したからでしょう。


逆にいえば、それでこの数字(10.2%)というのは

少々物足りない」とはテレビ関係者。


拷問シーンは原作を忠実に再現していたものの、

劇場版『デスノート』でミサミサを演じた

戸田恵梨香の時の方が過激だった。


「視聴者からしたら、もっと佐野さんに

弾けてほしかったはずです。

中途半端に終わった印象は否めません」(同)


なぜブレーキをかけてしまったのか?

その裏には過去の"ニャンニャン写真

流出疑惑"があるという。


これは佐野がブレークの兆しを見せていた昨年、

インターネット上に佐野と思しき女性と

茶髪男性が全裸でキスしている写真が流出。


女性のホクロの位置と佐野のホクロの位置が

一致したため「本人では?」と大騒動になった。


同時期に流出した佐野と交流のある知人の

Twitterのやりとりには「まさか売れるとは」

「昔やんちゃしてたころのデータがあるから

ばらまいたら面白そう」というものもあった。


さらにネット上のリサーチ部隊によって、

全裸キス写真の相手がTという"いわくつき"の

男性モデルであったことが判明。


「Tは未成年喫煙や飲酒、

乱交パーティーで話題となった人物。


万が一、そのTと佐野さんが親密な関係だったとしたら......。


彼女の素性は何となくわかりますよね」(週刊誌デスク)


以前、深夜番組に出演した彼女は

経験人数を聞かれ「1ケタではない」とも明かしている。


芸能プロ関係者は「そうしたビッチ系の

"黒歴史"がウワサされるだけに、

過激なお色気シーンには及び腰のようです。


事務所は正統派アイドルで売ろうとしているわけですから」と話す。


とはいえ、ネット上にはいまだ佐野に関する

真偽不明の情報が跋扈している。


この際、開き直ってもいいように思えるが......。



記事元 http://news.infoseek.co.jp/article/otapol_75121/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

恋仲ヒロイン本田翼もかすむ存在 [芸能]


あの娘はダ~レ?

春ごろから駅構内の電車の中吊りで見かける

「キリン 午後の紅茶」のポスターの

3人娘について気になりつつも、

名前さえ分からない人も多いだろう。


それもそのはずで、NHK朝ドラ「マッサン」で

主人公の実妹役を演じて“顔”を売った

元ももクロの早見あかり(20)以外は、

ブレーク寸前の“ネクスト女優”なのだ。


その“ネクスト”の2人が13日、

かき氷専門店「午後の紅茶 Kakigori

produced by yelo」のオ

ープニングイベントに登場した。


レモンティー担当の大原櫻子(19)と、

ミルクティー担当の季葉(16)。


この日はそれぞれがPRする午後ティーの味を

意識したエプロン姿を披露し、

店舗スタッフとして来客者にかき氷を振る舞っていた。


中でも「まだまだ暑い夏が続きますが、

かき氷を食べて乗りきってください!」と

満面の笑みで接客する姿に

一皮むけた感が漂っていたのが大原であった。


実は女性誌のモデルを中心に活動する

現役女子高生・季葉よりひと足先に、

ぐんと知名度を上げつつあるのだ。


大原は現在放映している月9ドラマ

「恋仲」(フジテレビ系)に出演中。


福士蒼汰(22)扮する主人公の妹役で出番も多く、

新人にとってはオイシイ役どころだ。


実際、ヒロインの本田翼(23)もかすむような

存在感を放ち、ネット上では「超絶かわいい」と

称賛する声がゾクゾク。


13年の正月映画「カノジョは嘘を愛しすぎている」の

ヒロインオーディションで約5000人の中から

その座を射止めた実力派が、

ようやく頭角を現し始めたようだ。


しかも大原は、同映画で椎名林檎やスピッツ、

平井堅といった数々のアーティストを手がける

音楽プロデューサー、亀田誠治に歌声を見初められ、

歌手デビューも果たしている。


アイドル評論家の中森明夫氏もかつて、

「デビュー時の竹内結子を彷彿とさせる存在感」と

絶賛していた逸材。


モデルやアイドル上がりとは一線を画す、

歌手も演技も本格派の“二刀流女優”というわけだ。


充実の夏を過ごしている大原。実りの秋はすぐそこだ。




元記事 http://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_271543/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
PR

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。