So-net無料ブログ作成

世界経済にアクシデント ギリシャ期限切れで米がG7に警告 [経済]


[ドレスデン(ドイツ) 29日 ロイター]

- 主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議では、

ギリシャ問題に関心が集まった。


米国は29日、ギリシャ支援協議が

6月の期限までに合意に至らなければ、

世界経済に「アクシデント」が起こる可能性を指摘した。


ドイツは、局面打開の兆候はないとの見方を示した。


ルー米財務長官は、ギリシャがユーロ圏を離脱した場合の

世界的な安定リスクを過小評価しないよう繰り返し訴えた。


ルー氏は記者団に「世界でこれまで以上に安定や

確実性が求められるときに、

強い不透明感が存在する」と述べた。


ルー氏は残された時間は貴重と指摘。


「1月以降の状況を顧みると、

あまりにも多くの時間が非生産的に費やされた」と話した。


そのうえで、ギリシャ支援協議について、

同国が融資返済期限を迎える前に先ず大枠で合意し、

その後に詳細を詰める必要があると訴え、

「期限がいつであれ、前日か前々日まで待つのは、

アクシデントを招くだけだ」と語った。


ショイブレ独財務相は、事態打開の兆候はなく、

ギリシャ当局者が示す前向きな見通しは、

協議に反映されていないと述べた。


フランスのサパン財務相は記者団に、

ギリシャがユーロ圏を離脱するシナリオは存在しないと述べた。


ギリシャ問題以外では、カナダやドイツが

経済成長を再び実現させる最善策として、

財政赤字の削減に注力するよう各国に改めて呼び掛けた。


一方、米国は、主要国は成長下支えやデフレ回避に向け、

財政政策の活用を検討すべきと訴えた。





元記事
http://news.infoseek.co.jp/article/29reutersJAPAN_KBN0OE21Z/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

俳優・大泉洋のスープカレー事件 [芸能]


映画『駆込み女と駆出し男』や

NHK連続テレビ小説『まれ』など、

現在ひっぱりダコな俳優といえば大泉洋だ。


地元北海道で爆発的な人気を獲得し、

満を持して東京進出。


順調にキャリアを積み、

俳優として不動の地位を確立している。


高評価の理由は、

場の空気を読むことに長けている点。


大泉を知る映画関係者は

「とにかく自己プロデュース能力が高い。


演技もできるし、トークもできる。


バラエティ向きのボケもできる。


なんでも柔軟に対応できるから、

評判がいい。


本当は、繊細な人なんですがね(笑)」と話す。


とはいえ、そんな大泉にも怒ることがあるという。


それが先日、一部週刊誌に掲載された

“差し入れネタ”だ。


記事によると、北海道のスープカレーを

こよなく愛する大泉は、

『まれ』の撮影現場にも

自身がプロデュースするスープカレーを

頻繁に差し入れているという。


そして、共演者やスタッフに食べさせては

「どう?」と、味の感想を聞いて回っているとか。


これに、大泉が「1回も差し入れてない!」と猛反発。


確かに、2012年1月放送の連ドラ

『ラッキーセブン』(フジテレビ系)に出演した際は、

頻繁にスープカレーを差し入れるあまり、

共演者やスタッフに飽きられたことはあった。


そのことは『とんねるずのみなさんのおかげでした』(同)の中で

暴露され、大泉も苦笑いを浮かべるしかなかった。


「あのダメ出し以来、大泉さんがスープカレーを

差し入れる回数はめっきり減った。


記事を読んだ大泉さんは

『いい加減なこと書きやがって』と呆れ顔。


ネット上に転がっている

『みなさんのおかげでした』の過去動画を見て、

妄想で書かれたものでしょう。


大泉さんも記事がガセであることを

周囲に力説していましたよ(笑)」(同)


裏を返せば、自分のことが書かれた週刊誌は

常にチェックしているということ。

なかなか侮れない男のようだ。




記事元
http://news.infoseek.co.jp/article/cyzo_20150528_665851/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

4K映像テレビの鮮明さで広瀬すずのヒゲが気になる [芸能]


フルハイビジョンの4倍の解像度がある

4Kテレビの価格が、今年に入り20万円を割り、

値下げが進んでいる。


その流れにより、今後ますます4Kテレビが

一般家庭に普及していくと言われているが、

そうなると、もっとも困るのはカ

メラに映し出される女性タレントたちかもしれない。


「2011年にアナログ放送から地デジに移行した際、

女性タレントたちのメイク時間は

倍になったと言われますが、

4K画質で画面から明らかになるのはその比ではない。


今後、4K画質が当たり前の時代が来れば、

そのあまりの鮮明さに局側が事務所を考慮し、

薄いフィルターをかけたテレビ放送を

するようになるのではと言われています。


つまり、女性たちにとってこれ以上、

映像が鮮明になってもメリットは何もないでしょう」(映像関係者)


そんな女性タレント泣かせの4K映像だが、

ネットではマニアたちにより芸能人たちの

肌の検証が日々行われている。


「4K画質は、ある程度映像を拡大しても

完全にボケることなく、シワから毛穴までを

ハッキリ映し出すことができます。


そのため、ネットでは有名人の

“汚肌”の検証が頻繁に行われており、

桐谷美玲や真木よう子、道重さゆみ、押切もえ、

橋本環奈らの名前が挙がっています。


先日映画のイベントで登場した

女優の広瀬すずもそのターゲットになり、

ネットでは『鼻の下の毛やアゴの産毛が気になる』と

指摘されてしまった。


そのあまりの鮮明さに

現実を目の当たりにしたファンもいたようです」


今後、4K映像が世間に浸透していけば、

女性タレントたちのメイク時間は

いったいどれくらいになるのだろうか。





記事元
http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_37113/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
PR

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。