So-net無料ブログ作成

大股開き写真流出の香里奈 芸能界引退か・・・ [芸能]


かつて連続ドラマや映画で主演を務めるなど、

目覚ましい活躍をみせていた香里奈が、

ついにテレビから姿を消した。


香里奈といえば、昨年3月にあられもない姿の

“ニャンニャン写真”を「フライデー」(講談社)に

報じられてからというもの、露出が激減。


年に2~3回開催されるファッションイベント

「東京ガールズコレクション」くらいでしか、

公の場に姿を現さなくなってしまった。


また、昨年からイメージキャラクターを務めてきた

森永乳業のヨーグルト『パルテノ』のCM出演が、

この4月より香里奈からハーフモデルの黒田エイミに交代。


2009年から出演してきたニッセンのCMでも、

昨年10月を最後に姿を見ることはない。


「香里奈は、創刊号から看板モデルを務めるファッション誌

『GINGER』(幻冬舎)で、かろうじてモデル活動を続けているが、

以前のように表紙や誌面に積極的に登場することはなくなり、

最近は割のいいタイアップ記事ばかり」(芸能記者)


さらに、所属事務所の有料サイトの「日記」コーナーも、

今年は3月11日に東日本大震災についてお悔みが投稿されたのみ。


頻繁に更新されていた「マネージャー日記」も、

スキャンダル後は2回しか投稿されていない。


「2月にオリコンが発表した『好きな女子モデル TOP10』で、

昨年の3位から圏外へと転落したことからも、

世間の印象から香里奈が消えつつあることがわかる。


現在、香里奈の近況をファンが知る術は、

『GINGER』の連載ページ『KARINA’S GARDEN』のみ。


この連載が最終回を迎えた時が、

芸能界引退といえるかもしれない」(同)


ファンに説明もないまま、

芸能界からフェードアウトしてしまった香里奈。


このモヤモヤとした状態は、一体いつまで続くのだろうか?



元記事 http://news.infoseek.co.jp/article/cyzo_20150421_651981

8.6秒バズーカーが原爆を揶揄しコンビ名由来はデタラメと憶測 [芸能]


大ブレーク中のお笑い芸人・8.6秒バズーカーですが、

コンビ名の由来をめぐって、ネット上が騒がしくなってきている。


「はまやねんと田中シングルの2人は、中学の同級生。


NSCに入学したその夜に、卒業した中学のグラウンドに

忍び込んで50メートル競走をし、

そこで出した はまやねんの記録が8.6秒だったことから

『8.6秒』、これにインパクトのある言葉をくっつけようと、

最初は『バキューム』にしたが、

バキュームカーを連想してしまうということで、

妥協案として『バズーカー』になったとされています」(芸能ライター)


ところが最近になって、「本当の由来は違うのではないか」

という臆測が飛び交っているのだ。


「8.6の数字は『8月6日』から来るもので、

広島への原爆投下日を意識しているのではないかと

揶揄する声が持ち上がっているんです」(前出・芸能ライター)


ネット上ではそれを裏付ける“根拠”として、

信憑性を感じるものから、

こじづけと思えるものまでズラリと提示されている。


「はまやねんの過去のブログに原爆ドーム前でピースしている写真があった」

「ネタの中にあるウズベキスタンのじいちゃんと

アルゼンチンのおばあちゃん、サウジアラビアの父さんと、

インドから来たお母さんとあるが、

その4カ国を結んだ線が交差するところに、

広島に原爆を落としたエノラゲイの離陸した場所であるテニアン島がある」


「B-29爆撃機の名前に『Chotto Matte』という戦闘機が実在し、

『ちょっとまって、ちょっとまってお兄さん』はそれを比喩している」


「『ラッスンゴレライ』は、米軍が原爆を落とす号令」といったものだ。


ある放送作家は、「こうした“原爆揶揄”説が

急速に拡大しているのには理由がある」と明かす。


「実は、彼らのブレークを『実力がないのに売れて不愉快』と妬んで、

匿名掲示板に書き込んで拡散に励んでいる芸人たちが大勢いるんです。

彼らは口をそろえて『引きずり下ろしたい』と言っていますよ」(同)


こんな騒動が巻き起こっているのも、

彼らが人気者になった証左といえそうだ。



元記事 http://news.infoseek.co.jp/article/cyzo_20150420_650531
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

多部未華子のドSなイメチェン「可愛すぎる」「Sキャラがやばい」 [芸能]


多部未華子のドSなイメチェンがネット上で話題に

「可愛すぎる」「Sキャラがやばい」


年明け早々に、ももクロの百田夏菜子が

髪型をショートにして注目を集めたのを筆頭に、

今年に入ってからというもの、

人気女性芸能人たちのヘアチェンジが

しばしば話題となっています。


そうした中、それまでのイメージを一新する髪型にした女優

多部未華子(26)に、現在、巷のアイドルファンからの

称賛の声が相次いでいる。


これは4月11日にスタートしたばかりの

新ドラマ『ドS刑事』(日本テレビ系)でのことで、

彼女は同ドラマへの出演を機に、

その役作りのためにボブスタイルへ。


しかも演じるのが「ドS」の女刑事とあって、

ドラマを観たファンからは「今の髪型可愛すぎやろ」

「ぐうかわ」「小顔すぎやろこの子」

「しかもSキャラがなにげにやばい」

「多部ちゃん最高 明るい系よりもツンと澄ましてる役の方が似合うわ」と、

新たなる彼女の魅力を称賛する声が相次いだ。


髪型の変更もさることながら、

デビュー以来、どちらかと言えば、

清楚で穏やかなキャラクターが定着していた彼女。


そうした中での今回のツンとした役柄だけに、

今後はその新しいタイプのキャラクターにも、

注目が集まりそうです。



記事元
http://news.infoseek.co.jp/article/aolcelebrity_20150420_0c737d074103e363c0a9
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
PR

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。